ベトナム企業とのオフショア開発の取り組み

 ITソリューション部は、ベトナムの首都ハノイを拠点とするIT企業と協業活動を行っています。SNSやテレビ会議などを活用しながら、また、プロジェクトが重要な局面に差し掛かる都度、我社のスタッフがハノイに暫く滞在して、現地開発者とともに業務を進めています。

 ベトナムの開発会社は我社にとって重要なパートナーですが、これまでの道のりは平坦なものではなく、実際に業務を軌道に乗せるまでは多くの問題に直面しました。ベトナム人は、親日で真面目で向上心が高いとされますが、まさにその通りだと思います。しかし、一般的には日本語も英語も堪能ではないため、コミュニケーションという面では苦労する場合があります。

 コミュニケーションの問題によって品質や仕様、進捗状況の管理に時間を要し、結果的に単発で小さな案件の場合はコストメリットが少ないことがオフショア開発の欠点として挙げられます。そのような状況の中で、プロジェクトを成功させるために重要な役割を担うのが「ブリッジSE」と呼ばれる人材。つまり、我社のスタッフと現地エンジニアの間に立ち、様々な面でプロジェクトの進行管理を行ってくれるスタッフです。幸いにも我々は、有能な現地スタッフと巡り合えたことで、プロジェクトを円滑に進めることができています。

 ベトナムにおけるオフショア開発では、「ラボ型開発」と呼ばれる業務契約形態を採用しています。これは、我社の業務を担当する現地開発者を固定する方式です。低価格で優秀な人材を常に確保し続けることができるため、中・長期的な発注ができるとともに、我社の業務における仕様の特性やノウハウの蓄積が行いやすく、更に機密性も確保できるというメリットがあります。

 現在、我社からベトナムへの発注はスマートフォンアプリの開発が主体ですが、今後ますます日本国内、特に地方都市では優秀なエンジニアを確保することは困難になると思われますので、ベトナム企業との協業を更に活性化させ、我社の対応幅を広げていきたいと考えています。

現地開発者との打ち合わせのようす
ハノイの通勤ラッシュ
ホワンキエム湖周辺繁華街
道を横断するときは十分な注意が必要です

コメント

    • 名無しのリーク
    • 2018年 5月 02日

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。

    • 名無しのリーク
    • 2018年 5月 02日

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仲間を募集しています

採用情報
デジタルハリウッドSTUDIO山口 2018年7月開校