iOSもAndroidも同時に開発できる!
アプリのクロスプラットフォーム開発

近年、多くのアプリがリリースされているスマートフォンアプリでは、iOSとAndroidそれぞれのプラットフォームに対応した開発を必要としていますが、iOSとAndroidでは開発言語が異なるため、アプリ開発における費用と労力は少なくありません。

しかし、ここ数年、1つのツールで双方に対応したアプリを同時に開発できるクロスプラットフォーム開発ツールが注目を集めています。このツールは複数存在しますが、弊社では、Microsoft社の提供するXamarinを採用し、既に多くのアプリ開発の実績を積み重ねております。

Xamarinは、C#で記述し.Net環境で開発が行え、OSに依存するインターフェイスやデバイスなどの処理はソースを分けつつ、ロジックは共通化できるという特徴があります。これによって、開発にかかる時間とコストを削減することが可能になりました。

双方のプラットフォームで共通化できる機能を多く持つアプリでは、Xamarinでの開発が有効です。

コメントは利用できません。

仲間を募集しています

採用情報
デジタルハリウッドSTUDIO山口 2018年7月開校